レディ

microscopeの特徴やものが見える仕組みを徹底解説!

研究開発を行う際には

顕微鏡

特性を把握する

企業や学術機関などで研究、開発を行う際には様々な機器が必要になる。特に試料の細かな観察を行う場面においては、microscopeが活躍する。光学レンズを用いたmicroscopeには、試料や観察方法に対応したいくつかのタイプがある。試料が金属や半導体などの表面の場合には、対物レンズ側から光を照射して観察する金属顕微鏡が適している。また、主に生物学や医学分野で細胞などの観察を行う際には、生物顕微鏡が広く用いられている。表面の観察だけでなく、数量の計測も行いたい場合には、測定顕微鏡がある。このタイプでは高さも計測できるため、三次元的に形状を数値化することも可能である。試料を複数人で同時に確認したい場合には、デジタル顕微鏡が力を発揮する。このタイプのmicroscopeの大きな特徴は、試料の詳細がモニターに出力される点にある。また、低倍率から高倍率までをカバーしているため、産業界においても幅広い分野で使用されている。このようにmicroscopeには多彩なタイプが存在する。同タイプの製品でも価格帯に差があり、特にデジタル顕微鏡では本体だけでなくモニターのサイズや種類によっても価格が異なってくる。企業において導入を検討する際には、研究対象や現場の環境、規模に合った製品を選択することが重要である。各製品の特性を把握し、最適な導入を行うことは、研究開発においてコストに見合った成果をもたらすことにつながるからである。