婦人

microscopeの特徴やものが見える仕組みを徹底解説!

レディ

用途による選び方

工場で利用するmicroscopeは部品や基板の品質検査に使うものは40倍程度までの双眼タイプのものを選びます。半導体や金属表面を観察するには、50倍以上の倍率が必要になり、モニター画面で見られる機能があるものを選ぶようにしてください。

システム

物を大きく見る仕組み

虫めがねでは最大でも10倍程度しか見えませんが、microscopeでは最大2000倍程度まで拡大することができます。これは複数のレンズを使うことによって拡大することができ、対物レンズと接眼レンズのかけた値で倍率が決まります。

光学顕微鏡との違い

婦人

microscopeは現在様々な業界で使用されている機器であり、かつ多くの業界で欠かせないものになりつつあります。このmicroscopeは接眼レンズではなく、カメラを搭載しているものが一般的となっています。カメラで観察した内容を、モニターに写し出してチェックすることが出来ます。デジタル顕微鏡であれば、モニター画面に映し出すため、複数人で確認することが可能となっています。個別にチェックすることがなくなるため、情報共有のスピードが上がります。このmicroscopeですが、他にも様々な利点があります。まずは光学顕微鏡と比較しても、被写界深度といってピントの合う幅が深いという点があります。そのため、デコボコしたものを確認するときにも、ピントが合いやすいというメリットがあるのです。さらにmicroscopeは、ズームレンズというものが搭載されているものが多いので、簡単に倍率の変更が可能となっています。それだけピント調節がスムーズにいくということなので、スピードアップも図れます。他にも多種多様なmicroscopeが販売、貸し出しされていますが、ネット上で全てやり取りが可能です。商品名や必要数、また届け先などをメールや電話などで伝え、注文となります。ただホームページなどを見ても商品内容がいまいち把握できなかった、あるいは複数台購入や貸し出し希望のとき、価格や納期などが気になることもありますが、注文をする前に見積もり依頼も出来るところが多いです。また、注文や見積もり前にどういったものなのか、実際に見て確かめることが出来る訪問デモというスタイルを行なっている業者もあります。

顕微鏡

研究開発を行う際には

企業などの研究開発において試料の観察を行う場合には、microscopeが活躍する。製品には用途に応じた様々なタイプが存在する。価格帯も幅広いため、コストパフォーマンスを考慮するなら、研究対象や現場の環境、規模に合った製品を導入することが重要である。